ESR年代測定による
神津島の火山噴火史

神津島

 

 

分布図 東京の南に位置する神津島は、火山島で、最近約10万年の間に数多くの火山が噴火して形成されたといわれています。しかし、それぞれの噴火がいつ起きたのかについては、詳しい歴史がわかっていませんでした。今回火山噴出物中の石英を抽出し、ESR年代測定を行いました。
 その結果、最も古い噴火はおそらく6万年前であり、約2-3万年前の間に火山活動の活発な時期があったことがわかりました。

 

測定の様子

年間線量測定の様子

測定データ

 


INDEXへ